明治神宮 その1

f:id:tojnnejp:20201127103053j:plain

明治神宮 その1

 東京の新コロナの流行はすごい。

 連日500名以上のコロナの患者さんが出る。

 こんな中で東京見学に来る観光客がいるのだろうか。

 横浜から東京の渋谷に用事があったので、行ったが、その帰りに東京見学がしたくなった。

 この間は靖国神社に行ったので今回は明治神宮にお参りしよう。

 明治神宮は日本で一番参拝者が多い神社である。

 今年の正月は、3蜜を避けて、元旦の参拝も、ずらしておこなって下さいと政府も行っているので、来年の祈念を11月で少し早いが、行こう,行こう。

 渋谷から山手線で一駅、原宿に着く。

 原宿の駅のすぐ右側が明治神宮だ。 左側は若者の街、原宿どうり。

 若い女性が、俺には訳の分からない、派手の服装で、わいわい、ざわざわ騒がしい。

 我が家の小学生の孫娘が、横浜に遊びに来た時に、プレキヤとかいうものを買うために、原宿に行くといった時には驚いた。

 今や、小学生にしても、何とかスタイル、にあこがれる時代になったのだ。

 時の流れか。

 新コロナの警戒時なのに、原宿とうりは、若い女性のお客が、多数いた。

 しかし、どんな状態でも、若い女性は輝いているな。

 あの子たちは、これから、どんな人生を歩くのだろう、

 ジージーは、いらない心配をする、

 その点、原宿駅右側の明治神宮は時代の流れを感じない、厳かな雰囲気で存在する。

 神社のとうりの、前に行くと 今年令和2年11月1日に明治神宮100年祭を行った看板が出ていた。

 明治は遠くなったが、100年を過ぎたのか。

 それは、間違い。

 明治22年に建てられた神社なので、今年は明治何年になるだろうと、年齢早見表で調べたが、明治の年号は、もはや記載されていない。

 大正時代の年齢は記載されていた。

 もう、明治時代に生まれた、日本人は、存在しないのだろう。

 明治時代に生まれた人が、原宿の若者を見てなんていうのかな。

 今どきの若者は、―――――

 俺と同じことを言うに違いない。

 アメリカのペリーが黒船に乗って、江戸時代に現れたときは、同時の人々は、さぞかし驚いたことだろう。

 そういう俺も昭和の生まれ。

 時代は刻刻と変化していくのだ。

 

明治神宮 その1

f:id:tojnnejp:20201127103053j:plain

明治神宮 その1

 東京の新コロナの流行はすごい。

 連日500名以上のコロナの患者さんが出る。

 こんな中で東京見学に来る観光客がいるのだろうか。

 横浜から東京の渋谷に用事があったので、行ったが、その帰りに東京見学がしたくなった。

 この間は靖国神社に行ったので今回は明治神宮にお参りしよう。

 明治神宮は日本で一番参拝者が多い神社である。

 今年の正月は、3蜜を避けて、元旦の参拝も、ずらしておこなって下さいと政府も行っているので、来年の祈念を11月で少し早いが、行こう,行こう。

 渋谷から山手線で一駅、原宿に着く。

 原宿の駅のすぐ右側が明治神宮だ。 左側は若者の街、原宿どうり。

 若い女性が、俺には訳の分からない、派手の服装で、わいわい、ざわざわ騒がしい。

 我が家の小学生の孫娘が、横浜に遊びに来た時に、プレキヤとかいうものを買うために、原宿に行くといった時には驚いた。

 今や、小学生にしても、何とかスタイル、にあこがれる時代になったのだ。

 時の流れか。

 新コロナの警戒時なのに、原宿とうりは、若い女性のお客が、多数いた。

 しかし、どんな状態でも、若い女性は輝いているな。

 あの子たちは、これから、どんな人生を歩くのだろう、

 ジージーは、いらない心配をする、

 その点、原宿駅右側の明治神宮は時代の流れを感じない、厳かな雰囲気で存在する。

 神社のとうりの、前に行くと 今年令和2年11月1日に明治神宮100年祭を行った看板が出ていた。

 明治は遠くなったが、100年を過ぎたのか。

 それは、間違い。

 明治22年に建てられた神社なので、今年は明治何年になるだろうと、年齢早見表で調べたが、明治の年号は、もはや記載されていない。

 大正時代の年齢は記載されていた。

 もう、明治時代に生まれた、日本人は、存在しないのだろう。

 明治時代に生まれた人が、原宿の若者を見てなんていうのかな。

 今どきの若者は、―――――

 俺と同じことを言うに違いない。

 アメリカのペリーが黒船に乗って、江戸時代に現れたときは、同時の人々は、さぞかし驚いたことだろう。

 そういう俺も昭和の生まれ。

 時代は刻刻と変化していくのだ。

 

ジージーの遺言

f:id:tojnnejp:20201120105549j:plain

ジ-ジーの遺言

 これまでの人生で、何十冊もの、人生論の本を読んだ。

 その本の、ほとんどの結論は、そのうち何とかなるさ、という解答であった。

 植木等の、そのうちなんとか、なるだろう、という歌を思い出す。

 トンチの和尚さんの一休さんも、死ぬ間際に、どうしても困った時は、この遺書を見るといい、死んでいった。

弟子が困ったときにその遺言を開けてみると、やはり、そのうち何とかなるでしょうと書かれていたという、本も読んだことがある。 

 人生気楽に考えた方が長生きするのだ。

 朝に気持ちよく起きることが出来ない。どうしたらいいですか。

 早く寝なさい

 22時には、ベットに入る習慣を付けなさい。くだらないテレビやDVDを深夜まで見る習慣を辞めましょう。

 俺の友人には18時に寝る習慣の人もいる。

朝3時から元気に、目ざめて、仕事をバリバリやっている。

 その人が、深夜に眼が覚めてしまうのだよ。 と嘆く姿には笑ってしまった。

 朝ごはんがおいしく食べれません。

 答えは、朝ご飯は、食べなくてもよい。

 戦後昭和20年代は食糧難の時代であった、

 サツマイモの茎や、かぼちゃ、ジャガイモが主食の時代に育ったものには、食事や美味しいものを食べたい、食べれないという悩みは、ありえない。

 彼女や彼氏に振られて、悲しいです。

 すべてあなたの性格、行動、言語が原因です。

 自分の性格に合う、彼氏、彼女を探しなさい。

 星の数ほど男と女は存在します。

 日本人がダメなら外国人を探しなさい。

 生きる希望がありません。

 それなら悩みなさい。

 悩む時間も大事です。

 黙っていても時が過ぎれば、寿命がやってきます。

 友人、知人、姑関係について悩んでいます。

 貴方はあなた以外にありえません。

 自分の行動に自信をもって、元気よく頑張って下さい。

 そのうち、いいことも起きるでしょう。

 このように、そのうちどうにかなるさ的に考えれば、人生すべて楽しい事ばかりになる。

 とは、いうものの、人間である以上悩みは尽きない。

 ゴルフをいくら練習しても、どうしても1〇〇を切れない。奥さんの小言が気になる。

 お酒の量が少なくなった。

 もう少し飲みたいが明日の朝の、二日酔いが気になる。

 コロナが気になるが、マスクは、うっとうしい、

 そのうち何となるさ、俺も元気に頑張ろう。

星に祈れば

f:id:tojnnejp:20201113101118j:plain

星に祈れば

 11月になると、夜空の星が綺麗に見えるようになる。

 空気が寒くなり透き通ってくるからだ。

 夕方日が沈む西側には、宵の明星,金星が一番星として現れる。

 東側には木星と月が登りだす。

 特に三日月様とお星さまのコラボは楽しい。

 花王石鹸のマークになる。

 さらに暗くなると。オリオンや北斗七星が輝きだす。

 星の輝きを見渡すだけで気持ちがすっきりする。

 なんとなく、デイズニのピノキオの音楽を思い出す、

 トロッコ型のライドに乗ってピノキオのストーリーは始まる、

 おじいーさんが作った操り人形であったピノキオが冒険を重ねて、人間に変身する物語。

 愛と勇気の物語。

 誘惑に負けて怠けるピノキオ。

 嘘をつくと鼻が伸びてしまう・。

 ピノキオを探しにでかけた、オジーさんはクジラの腹の中。

 助けに行ったピノキオはクジラの腹の中でたき火をして、くじらが、ハーハークションと言って,掃き出し脱出成功。

 暴れるクジラがオジーさんを攻撃する。

 勇敢におじいさんを助けに行ったピノキオは、岩に打ち付けられて、死んでしまう。

 これを見た神様は、ピノピオの勇敢な姿を見て、人間として生き換えさせる。

 楽しいデイズニの―アトラクション。

 そのピノキオの主題歌が素晴らしい。

 

 輝く星に心の夢を

 祈ればいつか、かなうでしょう。 

 キラキラ星は不思議な力、

 貴方の夢を照らすでしょう。

 人は誰も一人

哀しい夜を過ごしてる。

星に祈れば さみしい日々を

ひかり照らしてくれるでしょう。

 

何度聞いても心に響く歌。

夜空の星に俺の夢を祈ってみるか。

俺の夢は何か。 

 健康でぴんぴんころりと星になることか。

 ゴルフで100を切ることか

 奥さんと仲良く暮らすことか

 今日のおかずで、焼酎の水割りを3杯飲むのか。

 夢を大きくするか。

 宇宙飛行士になって,宇宙に行きたいな。

 もう、能力も体力もなくなっているのか。

 そのうち、寿命で空の星になるのか。

 夢は尽きない。

 

宇宙飛行士 R2年

f:id:tojnnejp:20201106175100j:plain

宇宙飛行士 R2年

文部科学省宇宙航空研究開発機構は10月23日、来年秋ころに宇宙飛行士を新規に募集すると発表した。

 13年ぶりの新規募集になる。

 宇宙飛行士の定年は60歳。

 現在活躍中の宇宙飛行士は10年後に2名になる。

 11月に宇宙ステーションに6か月滞在する野口さんは現在55歳、この前船長になった若田さんは、57歳。

 古手の宇宙飛行士が元気のうちに、後輩を作らなければいけない。

 文部科学省は今年7月、アルテミス計画で建設する、月周回基地ゲートウエイに、日本人飛行士を滞在させることでアメリカと合意。 

 20年代後半以降に月探査に参加する。

 新宇宙飛行士は月に初めて降り立つ日本人として歴史に名を残す。

 募集人数は若干名。

 5年に1回程度、追加募集もする。

 過去5回の試験は、倍率500倍を超えた時もある。

 宇宙飛行士の試験は一般教養、英語の筆記試験の他に、心理適正検査、医学検査などがある。 

 その他、協調性、責任感、機敏性、アイデアマン、などで宇宙の中での、ストレスに耐えるスタミナ等、人間の総合性が問われる。

 宇宙飛行士山崎直子さんの本によれば、心理適正検査で,桃太郎と、浦島太郎のどちらが好きですかという問題があったという、

 桃太郎は鬼の征伐という、目標に向かってしっかりと進む、非常に合理的な人物、

 部下の猿、犬、キジ、は、奇襲攻撃、地上戦、情報収集、空軍等、戦いの基本・。

 キビダンゴは軍資金。

 浦島太郎は,桃太郎とは、まったく反対。

 竜宮城でタイやヒラメと乙姫様とたっぷり楽しむ。

 乙姫様から、開けてはいけないという、玉手箱を貰ってくる。

 それを、淋しくなった浦島太郎は開けてしまい、おじいさんになってしまう。

 楽天的、無邪気さ、人生を楽しむ人物。

 どちらを選んだ方が、宇宙飛行士に適しているか。

 答えは、浦島太郎の方だという。

 浦島太良の性格は俺にもあるので、俺も宇宙飛行士の心理適正検査に合格する。

 そんな、選抜を受験して合格しても、審査は続く。約1年かけて、英語能力や飛行士の適性を問う、試験の後、選抜数名。

 その後も約2年の基礎訓練をこなし、飛行士に認定される、

 飛行士誕生まで激しい訓練の道が続いている。

 その訓練には、俺はついていけない。最初の教養試験も能力はない。

 月に行くのはあきらめた。

箱根ゴルフ

f:id:tojnnejp:20201030200040j:plain

 箱根ゴルフ

 友人からゴルフの誘いがあった。

 ゴルフは大好きだ。

 現役で50歳のころ、鹿児島空港で3年間勤務したころから始めたゴルフ。

 当時会社のYS-11の乗員室が鹿児島にあり、鹿児島を中心にして南の島々や鹿児島大阪、四国、九州、その他へと飛行していた。

 会社はYS―11からジェット機と移行する時代になる。

 YS-11は、退役の運命になる。

 従って、会社の鹿児島基地はいらなくなる。

 そこに住んでいる、乗員やその他の人は、別の会社か、東京、大阪の基地に移動になる。

 一口に移動と言えるが、それぞれ個人には、事情があり、なんだかんだと問題が多い。

 その時代の、ややこしい問題は下っ端管理職の俺の仕事になった。

 難しい問題には解決策はない。

 ゴルフでもして、考えましょうと鹿児島の乗員といつも、ゴルフに行った。

 当時ゴルフブームで東京では、ゴルフ料金は何万円もしたが、鹿児島では何千円で出来た。

 もちろん俺は、ゴルフは、初心者。

 俺は50歳までゴルフをしたことがなかった。

 初めてゴルフ場に行った時は感激した。

 景色が素晴らしい。

 昭和30年代に熊本の水前寺公園に行ったときは、景色のすばらしさに感激したことを思い出す。

 細川の殿様が作った公園、水前寺公園

 池と緩やかな起状の作られた、小さな山や浮石、木々が配置された公園。

 入園相は、現在400円らしい、

 その感激した公園に似た風景がゴルフ場には、あちこちにある。

 へたゴルフをしながら、ゴルフ場の自慢の風景を楽しむだけで、心が和む。

 そんなわけで、ゴルフのとりこになった俺は、老齢になっても、今だに、年間なんかいか、ゴルフに行っている、

 さて今回の友人との箱根でのゴルフ。

 頑張りました。

 それにしても、玉が飛ばなくなった。

 女子のプロゴルファーは8番アイアンで150ヤードを打つ。

 俺は8番アイアンアで100ヤードしか、飛ばない。

 なんということだ。情けない。

 体の筋肉の衰えか、

 そんなことを、言いながら箱根のゴルフを楽しんだ。

 箱根の山々の緑は素晴らしい。

 紅葉もある。

 熊本の水前寺公園よりも劣るが、素晴らしい景色を眺め、まだゴルフが出来る幸せを感じた。ゴルフのスコアーなどは。どうでもいいさ。

知床旅行 その3

f:id:tojnnejp:20201023170205j:plain

 知床の旅 その3

 知床ツアー3日目

 知床から根室方向へのバスツアーになる。

 2日目の夜は屈斜路湖畔温泉に宿泊。

 宿に到着後、夕食の後で津別峠夜空鑑賞があったが、眠いのでパス。

 翌朝早朝4時30分出発の津別峠雲海ツアーに行った。

 早朝眠い、寒い、横浜30度の服装ではだめだ。

 用意して来た、コートを着て参加した、

 津別峠の頂上には、絶景な場所に、町の施設がある。

 屈斜路湖、知床、斜里の山々が、施設の周囲に見えて、景色は素晴らしい。

 特に屈斜路湖の東側から登る朝日はきれいだ。

 屈斜路湖には朝霧が発生して、峠の下に流れてくる、

 まさしく雲海。ガイドの説明によれば、下から見れば、雲。峠にかかれば、霧。

 上から見れば雲海。

 その雲海が屈斜路湖方面だけでなく、知床方面前後左右に雲海は広がる。

 その雲海の東側から朝日が昇りだす、風景は素晴らしかった。

 富士山で見た、初日の出のようである。

 この景色が、手軽に見える。町の施設は素晴らしいが、維持費にお金がかかるらしい。

 観光客のツアーの収入が頼りらしい。

 絶景な峠の景色には、満足した。

 ツアーの旅は野付半島のトトウラへ。

 細い馬の尻尾のような、野付半島

 観光船で野付湾を行くと、数10頭のアザラシが頭を出して歓迎してくれた。

 こんなに沢山の野生のアザラシを見たのは初めてだ。

 野付半島の先端まで観光船で行き、今度は徒歩で狭い半島の遊歩道を歩いて見学。

 ハマナスやススキ、日光キスギなどの,野草が美しい。

 厳しい気候のこの小さな半島の上でしぶとく、咲き乱れる野花。

 頑張れよ、いとうしさを感じる。

 又半島の左右の海の景色もきれいだ。

 国後、歯舞群島も見えた。

 あの島々は,もともと日本の島だった。

 ロシアは絶対に返還してはくれないだろう。

 根室にも行ったが、20年前に行ったころに比べると、過疎化が進み、さびれていた。

 サンマやカニが昔ほど取れなくなったという。

 国後や歯舞に住むロシアの人が、漁業で生活しているのであろう。

 今夜は厚岸で生カキ、ホッキ貝、などの海鮮炭火焼きバーベキュウ。

 たらふく食べて飲んだ。生きている幸せを感じた。

 北海道はデッカイドーー。