前沢友作社長

f:id:tojnnejp:20210611100929j:plain

 前沢友作社長

 新聞を見ていたら、R3年12月にロシアの宇宙船ソユーズで、日本人の前沢社長が12月に国際宇宙ステーションISSに行くことが決定したという。

 素晴らしいことだ。

 民間人が宇宙に滞在できる時代になったのだ。

 いつも新聞やテレビで話題になる前沢社長はどんな人物なのだろう。

 ゾゾタウンという会社の社長さんをやっていたが、最近ゾゾタウンを辞めて、別な会社を立ち上げたようだ、

 そもそもゾゾタウンという会社はどんな会社だろう。

 ファッション通販の会社だという。

 息子に聴いたところ、各個人の体形に合わせて、新しい流行の衣服を作ってくれるという。

 いつもブラ下がりの服しか着たことがない俺には理解不能だ。

 眼鏡やスニカー,サンダルまであるらしい。

 インターネットで調べたら、サンダルが1万円、2万円もするのがあった。

 いつも500円均一のサンダルしか履いたことない俺にはショックだ。

 考えるに,大金持ち専用のお店らしい。

 さぞかし、もうかる会社なのであろう。

 インターネットで前沢社長を検索したら、多くの情報が記載されていた。

 ミュウジッシャン。

 高校時代はバンドを組んで、活躍して日本でも有名になったらしい。

 英雄色を好む。

 3人の子供さんを認知している。

 現在アメリカで活躍しているダルビッシュの奥様とも交際していたらしい。最近,剛力彩芽と交際していたが、どうやら振られたらしい

 かなり前に彼女と月旅行をするという、新聞記事を読んだ。

 彼女に振られたから、今度は一人で宇宙ステーションへの旅行にするか。

 素晴らしい、行動力だ。

 またワイン好きで世界のワインを集めて楽しんでいる。

 そういえば、いつかの新聞で何億もする絵画を前沢社長が購入したという。

 話題に事欠かない人物だ。

 ゾゾタウンの会社をヤフーに合併して2400

億円の利益を得たらしい。

 商売上手な社長さん。

 又、ひとり親に10万円配る事業など、慈善事業も行っている。

 ちなみに12月にISSに行くための費用は一人21億9千万円という。

 それも,友人一人を一緒に連れて行くという。

 俺には理解できない人物だ。

 頑張れ前沢社長。

アヤメ

f:id:tojnnejp:20210604094632j:plain

 アヤメ

 5月になると各所にアヤメが咲きだす。

 茨木県の潮来を思い出す。

 潮来船頭さんはなうー

 利根川岸の潮来の菖蒲園。

 今頃は、沢山のアヤメ,菖蒲、カキツバタが、利根川のほとりのアヤメ園で咲いているだろう。

 我が家の庭にもアヤメ、菖蒲、アイリスの花が咲きだした、

 しかしいつも。アヤメ、菖蒲、アイリスの区別が分からくなる。

 ある会合で、いつもお花を持参して、女性に配る友人がいた。

 なんでも自宅では、お花を栽培して、販売している。

 その栽培した花を一杯胸に抱いて、会合にやって来る。

 栽培したお花を集まっている、ご婦人に渡すのが日課だ。

 男性にはくれない。

 ある時、俺は勇気を出して、俺にもくれよ、とその友人に話した、

 原則ご婦人オンリーだが特別にあなたに上げると、しぶしぶ、俺にもくれた。

 花の名前はアイリス。

 てっきり菖蒲の花と思ったが、アイリスという。

 きれいだな。

 ショウブの花と思ったが、アイリスとゆうらしい。

 ありがとう。俺はそれを、家に大事に持ち帰った。

 根が付いていたので、家の庭に植えて大事に育てた、結果、毎年我が家の庭に、黄色と紫の見事なアイリスの花が毎年咲くようになった。

 今年も見事に成長したアイリスの黄色と青のアイリスが、我が家の庭に咲きだした。

 このアイリスを俺にくれた、女性だけに花を配る、きざな友人には、最近会っていない。

 元気にしているかな。

アヤメ、花しょうぶ、カキツバタ、アイリスは、同じアヤメ科の植物だ。

 俺には区別がつかない、

 あやめ 綱目模様

 花しょうぶ 細長い黄色の模様

 カキツバタ 細長い白い模様

 アイリス  幅の広い黄色の模様

 

 我が家の小さい庭にも、アイリス、花しょうぶ、アヤメの花が咲きだした。

 カキツバタの花はない。

 我が家の孫娘がカキツバタか。

 立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はカキツバタ

 ちょっと違うかな。

 それにしても何も手入れをしないのに、見事な花を咲かしてくれた、アイリスに感謝。

皆既月食

f:id:tojnnejp:20210528155148j:plain

 皆既月食

 3年ぶりに皆既月食が見られるという。

 皆既月食は、太陽、地球、月が1列に並び一時的に、お月様が見えなくなる現象だ。

 宇宙の神秘。

 今月は、お月さんが1年間で一番大きく、赤く見える満月のスーパームーン

 剣道の子供達にも、めったにない現象なので、ぜひ見てねと伝えた皆既月食

 天気予報によりと、皆既月食になる時間帯には、雲もなく良く見えるでしょうと言っていた。

 皆既月食の始まる時間は20時ころの予定だ。

 夕ご飯には、いつも俺はお酒を飲む。

 今日も生きているという、自覚を持つため。

 缶ビール1本、場合によっては2本、

 今日は皆既月食なので、2本。

 焼酎のお湯割り、2杯。

 今日は皆既月食なので、3杯。

 そろそろ皆既月商が始まる時間になった。

 家の外に出て、満月を探す。

ない。東の空には、雲がかかっていた。

駄目だ、横浜の空では、今回の皆既月商は見えないのか。

気象庁の予報は外れたな。

雲が発生することは、これも、宇宙現象のためか。

残念、家の中に入ろう。

せっかく、携帯のカメラで写真を撮ろうと思ったのに。

あった、我が家の満月が。

駐車場に設置している、明かりが満月の様に輝いていた。

その満月に怪しい影が、

なんだ。

トカゲか、ヤモリか。

ヤモリが電灯の中にやって来る虫を食べているのか。

我が家の守り神のヤモリさん。

 よくぞいらっしゃいました。

 写真をパチリ。 奥様が携帯で撮った。

赤い大きな満月のお月様の代わりに電灯の中のヤモリの写真を撮り満足した。

もう、1っ杯焼酎のお湯割りを飲むとするか。

皆既月食を諦めきれず、21時過ぎに、夜空のお月様を探したら、半分に欠けたお月様が薄くなった雲の間に顔を出していた。

おぼろ月か。 きれいだな、

赤くはないな、俺の顔が酔っぱらって赤くなったから、いいか。

3年ぶりの、スパームーンの皆既月食は良く見えなかった。

我が家のヤモリ月食が見えたから、満足して寝ることにしよう。

今日も元気にお酒が飲めた、



中川温泉

f:id:tojnnejp:20210521110707j:plain

中川温泉

 今年も5月の連休が始まった。

 コロナの影響で、自粛生活が1年以上も続いているが、今年の連休も家で過ごさなければいけないのか。

 東京都、知事や神奈川の知事が連日、不要不急の外出を控えるように、訴えている。

 それでも体がうづうづする。

 温泉にでも行きたいなーー

 息子が宇都宮から帰省してくれた。

 ありがたい、又一杯飲めるぞ。

 酒を息子と飲みながら、温泉に行きたいと愚痴をいったところ、すぐにパソコンで近くの温泉宿を探した。

 丹沢ダムの近くにある中川温泉の宿に空きがあった。

 行こう行こう。

 神奈川県内だから、どこにも行くなという知事も許可してくれるであろう。

 中川温泉は我が家から近いので次の日の午後から出かけた。

 高速道路の道路標示には神奈川県内に遊びに来ないで下さいと、なんども表示していた。

 神奈川県民は、少しはいいだろう。

 自分なりに解釈した。

 中川渓谷は子供たちが小さい時にいつも出掛けたところなので、懐かしい、

 2時間ほどで到着。

 すぐに温泉に入る。

 中川渓谷は緑で輝いている。

 新緑の候、木々は元気に芽を出した緑の葉っぱで包まれている。

 きれいだな。

 緑に包まれた木々に幅り、ついた苔も緑に輝いている。

 きれいだな。

 夕暮れなので、木々の葉っぱの間から、太陽の光が漏れ輝いている。」

 緑の色の乱舞だ。

 木洩れといったかな。

 こもれびともいうな。

 夕陽の光が、緑の葉っぱをかき分けて、やって来る。 美しい、

 コロナに疲れた体を温泉の、湯舟に浸るとなんだか楽になり楽しくなった。

 この中川渓谷には子供たちが小さいころよく来たところだ。

 川の河原でバーベキュをしたり。水遊びをしたところだ。

 釣りもやったな。

 ニジマスが釣れたところだ。

 ニジマスのつかみ取りをやった時には、子供たちが大喜びだったな。

 思い出いっぱいの中川温泉

 緑の色に包まれた渓谷。

 露天風呂の景色も最高だ。

 神奈川県知事さんに申し訳ないが、疲れを取るため少しだけ、楽しませてもらいました。

 不要不急の外出ではありません。

 

コロナ予約

f:id:tojnnejp:20210515095616j:plain

コロナワクチン予約

 一向にコロナの流行は治まらない。

 緊急事態宣言が続いている。

 コロナ退治のワクチンを急ごう。

 ようやく80歳以上のワクチンの予約が取れるという。

 役場からワクチンの予約を取るべくの、書類が届いた。

 しかし、いつから予約が出来るのかな。

 書いていない。

 書類が届いてから、何日かして、ローカルの町新聞を何気なく見ていたら、5月3日から、予約が出来ますと記載されていた。

 なんだ、こんなローカルのチラシのような新聞にお知らせか。 もう一度役場から来た書類を見たら、横浜市役所のホームページを見るように書いてあった。

 まあ、いいか

 3日の9時から予約が出来るという。

 待ちに待った、5月3日9時。

 NHKのテレビの9時の時報に合わせてさっそく電話した。

 通じない。

 こちらNTT ただ今、込み合っています。

 息子もパソコンで申し込みをしてくれた。

 パソコンも通じない。

 家内も別な電話で協力してくれた。

 つながらない。

 そのうち通じるだろうと、電話を繰り返した。

 1時間経過、全然ダメ。

 9時から12時まで家族3人で予約電話に励む。

 12時のニュースをテレビで見ていたら横浜のコロナ予約の申し込みは9時開始後、45分で回線がパンクしたと報じていた。

 なんだ、これは。

 俺たちは、休まず、12時まで+、コロナのワクチンの予約を繰り返していたのに。

 3時間電話に噛り付いていたのに。

 電話回線の回復は5日からだという。

 携帯電話の電話回数を見たら、300回を超えていた。

 家内は100回以上、息子はパソコン繋ぎ、ぱなし。

 5日、9時予約開始。

 負けるものか、電話をかけ始める。

 こちらNTT,大変ご迷惑をおかけしします。BU=BU= 、話し中です、

 12時を過ぎても繋がらない。

 あきらめるな。

 頑張れ、

 電話を掛ける事,761回め、16時20分。

 ただいま込み合っています、このまま電話を待ちますか、後程電話してくださいのボイスになる。

 お待ち下さを繰り返す電話に噛り付いていた、

 16時40分、20分後にようやく、担当の人が電話に出た。

 お待たせしました。なんだと。

 とりあえず無事にワクチンの予約が取れた。

長崎ちゃんぽん

f:id:tojnnejp:20210507100634j:plain

 長崎ちゃんぽん

 テレビのCMで、長崎のちゃんぽんを宣伝していた。

 長崎ちゃんぽんの、旨かったことを思い出す。

 宿泊で長崎に旅行に行ったときは、いつも美味しい長崎ちゃんぽんをは食べたが、空港の社員食堂のちゃんぽんの味が忘れられない。

 安くて、うまい,イカの足が沢山は入っていた、社員食堂のおばさんの作るちゃんぽん。

 東京から長崎便では、いつも、このちゃんぽんを、食べていた。

 会社の東京から、長崎到達時間は、飛行機の性能上の速度で計算され、時間に余裕はない、

 長崎到着後は、中型機は30分で、次の目的地に飛行する。

 次の便の出発15分前までには、操縦席に着席しなければいけない。

 お客様が満席の場合は、降りるのに時間がかかるので、次の便の出発には、時間がなく、小用も出来ないときもある。

 そのような状況で、長崎の食堂でのちゃんぽんを食べる時間は、どうするか。

 機長の腕の見せ所だ。

 東京からの巡行高度は一番向かい風の弱いところ、巡行速度は、規定の一番高いところ、計器飛行で飛行するところを、有視界飛行に変える、

 航路は一番短い所を飛行して、なるべく真っすぐに飛行できる進路を管制官と交渉する。

 色々考えて、長崎空港にいつもより20分も早く到着する。

 お客様も早く到着すると喜ぶであろう。

 長崎到着後、次の出発まで20分余裕がある。

 お客様が降機後、すぐに副操縦士と一緒に走れ、社員食堂。

 ちゃんぽん2個お願いします。

 出てくるのが遅い待つこと5分、

 それ食べろ。

 あと5分しか、余裕はないぞ。

 ゆっくり味わっている時間はない。

 食べても食べなくても、時間には飛行機に駆け足だ。

 次の便のお客様がお待ちだ。

 暑いちゃんぽんを急いで胃の中に流し込んだものだ。

 美味しいかな。

 考える時間の余裕はなかった。

 そんな思いで、食べた長崎ちゃんぽん。

 懐かしく思い出した、

今日の昼飯 その2

f:id:tojnnejp:20210430162212j:plain

今日の昼飯 その2,

 昼ご飯は、毎日食べる必要はあるのか。

 ある病院の先生は、時には昼ご飯を食べないようにすると、体は健康になると本に書いてあった。

 俺には、昼飯抜きは出来ない、健康体だ。

 人生、長くなったが、今日まだ1度も昼飯を抜いたことはない。

 食べることには、卑しい性格だ、

 俺も月に数回は、外出してシテイ見学をする。

 その時も昼時には、昼飯を食べる。

 年金生活なので、デラックスな昼飯は遠慮する。

 ワンコインで食べれる 定食を探す。

 すきや、松屋のすき焼き丼。てんやのエビ丼、かつやのヒレカツ定食。

 時たま食べると、どれもおいしく感じる。

 大戸や、うどんや、ラーメン定食もおいしい、カレー定食もいいな。

 家を出て街に出た時の昼飯だ。

 一人で、豪華レストランで昼飯を食べることはしない。

 なんか、こっぱずかしいのだ。

 奥様と一緒の時は、別である。

 年に数回、食べ放題の昼飯を食べることがあるが、これもお美味しい。

 焼肉、中華、野菜料理、ビザの食べ放題。

 3千円の元を取るぞ。

 張り切って、朝飯を少々にしての食べ放題だ、

 若者に負けてたまるか。

 昼からビールも飲むぞ。

 ガツガツ食べる食べる、

 戦時中の食糧難に育った食物に対する貧乏人根性が、湧き出る食べ放題。

 おおむね食べ放題の元金は、取り返すまで食べる、

 俺の汚い、悪い根性が恥ずかしい、

 その結果、食べすぎのため、1週間は胃腸の調子が悪い。

 正露丸、胃薬のお世話になることになる、

 馬鹿者の俺、

 どうしようもない性格は、死ぬまで治らないであろう、

 この年齢で食べ放題に行ける幸せの体に感謝だ。

 そろそろ、ピザの食べ放題に行きたくなった、

 もう1年は行っていないな。

 明日、家内を誘って、いこうか。

 奥様のご機嫌は、いかがでしょうか。