北陸への旅 その1

f:id:tojnnejp:20220121102552j:plain

能登、北陸の旅 その1

 いやー迷ったなー

 行こうか、いくまいか。 

 やめようか、行こうか。

 オミクロンの流行がすごい。

 昨年の12月中旬には、コロナの発生がだいぶ少なくなった。

 ようやく、コロナの流行が治まったかな。

 それでは、お正月過ぎには温泉に行こうと、北陸美食尽くしの旅のツアーを申し込んだ。

 今年に入り、旅行日が近づくに従って、コロナの感染者が、急増してきた。

 東京では、先月二桁のコロナ発生者が、1日千人近くまで増えてきたのには,びっくりだ。

 不要不急の外出は控えてください。

 旅行は不要不急かな。

 出発日が近づくとキャンセル料金もすごい。

 ここは、決心して、マスクを外さず、注意して参加しよう、

 北陸能登空港に着陸だ。

 チャーターのバスもゆっくり、2人掛けの椅子を一人だ。

 さっそく輪島の白米千枚田へ到着。

 バスは田んぼの上に駐車した。

 いつもテレビに出る千枚田は海側の下からの、映像や写真ばかりだったので、上からの風景は初めてだ。

 秋から冬にかけて田んぼのあぜ道に25000個のイルミネーションが並ぶイベント(あぜのきらめき)が毎年開催される。

 あぜ道には、イルミネーションの装置が、並んでいた。

 駐車場から、海岸の下まではかなりの距離だ。 

 下に降りると帰りは坂道、下まで行くのはやめておこう。 きつい

 毎年テレビ出る千枚田の映像はこの下の海岸近からの映像だな。

 それにしても、田んぼは良く整備されている。

 千枚田のオーナ制度があり、一枚一枚所有者が決まっていて、良く整備されているとのことであった。

 オーナーは、1年間会費2万円、マイ田んぼ1枚、白米10KGがもらえる。

 1年間2万円か、面白いかもしれないな。

 美食、牡蠣ご飯のお膳を頂いた後は、奥能登珠洲の見附島へと向かう。

 見附島は弘法大師が見つけた島だそうだ、

 高さ28M周囲400M、大きな岩がそびえ立ち、その独特な見た目から軍艦島とも呼ばれる。

 この場所は、なん年か前にも来たことがあることを思い出した。

 朝日の出、月の出、アルプス山脈の山々との、コラボが美しいとガイドさんは、声を張り上げていた。

 宿泊は夕陽のきれいな宿百選に入るホテルで、日本海に沈む夕日を眺め、志賀の郷温泉で、手足を伸ばす。 いい湯だな。

 夕食はフグ料理を楽しんだ。

 コロナで行こうか、やめようか悩んだことは、すでに忘れている。

 

f:id:tojnnejp:20220121102648j:plain

 

万葉のお湯

f:id:tojnnejp:20220114100336j:plain

 万葉のお湯

 寒い日が続く。

 久しぶりに温泉に行きたくなった。

 伊豆にしようか、熱海にしようか。

 家内の都合を聞く。

 温泉、何言っているのよ。

 この年末に、忙しいのよ、貴方、窓の掃除でもして頂戴。

 それもそうだな、コロナもまた流行しだしたしな。

 それでは、昼から、近くにある温泉に行こうか。

 今日の新聞のチラシに、みなとみらいにある、万葉の湯温泉の宣伝があった。

 コロナのため、お客様が少ないらしい。

 いつもよりの、割引料金だ。

 おーーこれだ、

 神奈川県がコロナ対策で補助金を出すのか。

 一人1500円も。

 いいな、夕食が無料になるではないか。

 行こう,行こう。

 家内を説き伏せて、掃除完了後いざ、万葉の湯へ。

 みなとみらいにある万葉の湯までは、我が家から20分もかからない。

 すぐに、温泉に入る。

 宣伝をしたいたわりに、お客様は少ない。

 大きなお風呂に、ゆっくりと手足を伸ばして、リラックス、リラックス。

 この温泉は湯河原から、毎日:運んで来るお湯も混ぜているという。

 湯河原の温泉に入っているのだ。

 いい気分になる。

 体を洗って露天風呂に行く。

 露天風呂には、寝ながら入れる寝湯があった。

外の景色は、横浜湾の海、

大きな船、小さな船が航行していた。

大桟橋の先は太平洋だ。カモメも飛んでいる。

いい景色だな。

横浜ベイブリッチが見え、車も走っている。

寝湯から空を見ると、雲が流れている。

雲さん、こんにちわ。

じっと雲を見ていると、雲の動きは早い。

1分間も同じ顔ではない。

すぐに変化する。

怒っている雲の顔、やさしい雲の顔、笑っている雲の顔。

 人間の顔から、動物の顔へと変化する。

 羊さん、ぞうさん、クジラさんの顔。

  魚さんもいる

 ぶり、イワシ、サバ、サユリ、サンマ

 雲の顔は良く変化するな。

 湯舟に浸りながら、ぼんやりと雲を眺めるのは、久しぶりだ。

 あの雲さんと仲良く仕事をした、現役時代の事を思い出す。

 牛の角の様に、とがった雲、幽霊の頭についている三角雲に近づくと飛行機は揺れたな。

 そういえば乳房雲もあったな。

 若い女性の元気のよい乳房雲に近づくと、飛行機は木の葉のように、揺れた。

 近づくな、触っちゃだめよ。

 そんな雲に関する思い出にしたった。

 夕方、もう一度入浴。

 帰る前にも再度入浴。

 3度も入浴できた、夜のみなとみらいの、ネオンも美しかった、 満足な1日だった。

元旦稽古

f:id:tojnnejp:20220105105250j:plain

 元旦剣道稽古

 毎年、剣道をやっている子供たちと、早朝元旦参りを兼ねて、剣道の稽古をしている。

 近くの神社までは、集合場所から、遠周りに、ジョキングをしながら、神社に行くのが恒例だ。

 そのジョキングが、最近、俺の体力がなくなり走れるかどうか疑問を感じる。

 たかだか、2KMしかない距離なのに。

 走れるかどうか、自分でチュッしなければと思い30日に近くの三ッ沢公園まで予行練習をした。

 5KMほどの距離だが何とか走れた、

 まだ走れる、俺は、生きているのだ。

 元旦の気温は2度C,寒い、

 体操、素振りの後にジョキング開始。

 イチニーイチニー 子供たちの元気のよい掛け声で、ジョキング開始。

 俺も何とか、ヨタヨタしながら完走出来た。

 今年も元気に剣道が出来るぞ。

 神社の前で、神様に奉納素振りを行い、神社の中に入って、神主さんから全員の安全をお祓いしてもらう。

 怪我のないように、病気に成りませんように 、おいしくご飯が頂けますように、お酒も飲めますように。 願い事は切りがない。

 神社参拝の後に、軽く剣道の基本稽古をして、恒例の元旦稽古は、終了。

 終了前に、子供たちに今年の目標を,聞いてみた。

 堂々と答える者や、しどろもどろで目標なんかどうでもよい、早く家に帰って、お雑煮を食べたと思っていそうな子供もいる。

 そこで、偉そうに俺が発言する。

 1年の計は元旦にあり。

 元旦には新しくなった今年には、自分は何をやりたいか、考えてもらいたい。

 どんなことでも。自分の意思を決定するのが、一番だ、

 意思決定には、勇気と覚悟が必要である。

 ただ頭の中で考えただけ。考えているだけでは、何もしないと同じである。

 まずは自分がしたいことを、大きな言葉として発声しよう、発声するとーーー

 自分の心が変わりだす、心が定まれば、態度、行動,習慣、人格が変わる。

 言葉の発声により、出会いが、運命、人生と変わって行くのだ。

 どこかの、本に書いていたことを、偉そうに子供たちに話した。

 小学生の子供達には、理解できたか、どうかは不明。

 しかし、偉そうに話した俺自身には、理解できる。

 まずは、要求を発声する、腹が減った、剣道の稽古は厳しい、寒い、早く家に帰ってお酒が飲みたい。

 大人げ、ないので、子供たちの前では、俺は発声を控えた。

 今年も元気に頑張りましょう。

独断専行

f:id:tojnnejp:20211231103628j:plain

横浜赤レンガ倉庫

 独断専行

 コロナ自宅療養者にアビガン処方

 という見出しで、新聞の記事が出ていた。

 千葉県いすみ市の公立病院いすみ医療センターで新型コロナ対策のアドバイザーの医師が、今年の㋇―9月、国内でコロナの治療薬として承認されていない、アビガンを自宅療養者、約90人に処方したという、

 8月9月はコロナ5波の最盛期の時期。

 東京でも、1日2千人のコロナ患者が発生、

 病院にも満員で入院できず、苦しんで亡くなった人が多数発生した時期だ。

 千葉の、この病院には20床しか、コロナ専用病床はない。

 その病床も前からの患者で埋まったいて、他の病院もコロナ患者は受け入れてくれない。

 東京でもコロナで重症になった患者さんが救急車を呼んでも、受け入れる病院がなく・、さんざん救急車で病院を探しまくり、最後には自宅に戻ったという時機だ。

 千葉のこの病院でも、コロナ患者で溢れ、自宅療養せざるを得ない時期と思う、」

       アビガンは、アメリカで承認されたコロナ治療薬。

 日本では臨床研究の一環として入院患者1万5千人以上に投与されている。

 かなりの、治る成果があったに違いない。

 だだ、動物実験で胎児に催奇形性が確認され日本の厚労省は、自宅療養には、投薬は出来ないと、自治体を通じて医療機関に連絡していた。

 医師は、自宅療養のコロナ患者を往診する。

 コロナで苦しむ患者さんを診察して、何とか命を助けようとして、アビガンを処方した、 

 結果、90名以上の自宅療養中の患者さんは、全員回復した。

 また医師は、厚労省に臨床研究参加を申請している。

 役人の問題処理はいつでも遅い。

 役人は、責任を回避する。

 息絶え絶えのコロナ患者さんに、役人の許可を得ないで、アビガンを医師が投与したことが、問題化している。

 なんだ、これは、

 良く、やったと褒めることではないか。

 保健所の所長さんは、医師に同意している。

 市長さんは、自分の責任を回避して、私は治療方針を良く理解していなかった、医師と保健所の所長の同意でやったと発言した、

 コロナ最盛期には、市長は、自宅療養者は、全員回復していると、偉そうに発表している。

 何と情けない、度胸のない市長さんか、

 私の責任で90名の命を救いましたと言えば男が上がり、次回当選間違いないのに。

 独断専行、皆のために自分が責任を背負い行動する。

 この医師がいなければ、90名の命はなかったかもしれない。

 日本の医師にも、立派に任務を果たす人がいるのだ。゙

ミステリーツアー その2

f:id:tojnnejp:20211224103027j:plain

ミステリーツアーその2 支笏湖

 

 とあるノスラルジックな街に宿泊した翌日は、バスで、とあるロープウエイにて空中散歩が出来る、とある山へとバスで向かう。

 北海道名物の羊蹄山が雪化粧できれいに見える、北海道の長い道路を走行した、

 どこか、ニセコのスキー用のロープウエイか、有珠山のロープウエイであろう。

 洞爺湖の北側の名所を見学したので、有珠山か、

 どこまでも広がる青空

 洞爺湖昭和新山を眺めながら

 贅沢なひと時を

 有珠山ロープウエイの宣伝文句だ。

 有珠山には、我が家が一番楽しかった時代に、孫たちと何回か旅したところだ。

 孫たちと楽しく過ごした昔を思い出す、

 ロープウエイの展望台で羊蹄山昭和新山有珠山、駒ケ岳などの、眼下に広がる,大パノラマを楽しんだ。

 有珠山のロープウエイは、ほとんどツアーのお客様ばかり。

 北海道観光のためには、このようなツアーが必要なのだ。

 宿泊は洞爺湖のホテルかと思っていたが登別温泉のホテルだった。

 俺たちが過去に宿泊したことのないホテル。

 お風呂が素晴らしい、大きな、湯舟が30以上あるという。

 露天風呂でも5個は、湯舟があった。

 全部入浴するだけで、のぼせてしまう。

 この風呂が売りのホテル、

 記憶に残る。

 カニ食べ放題、イクラかけ放題、海鮮食べ放題、ビフテキまである、豪華な夕食。

 北海道のグルメを満喫した。

 翌日は、とある、屈指の透明度を誇る湖。

  支笏湖か。

 ここも現役の時に、何度も見学に来た場所だ、

 今回のツアーで一番ミステリーであったところは、3日目の昼食を食べたホテルだ。

 何と千歳のN航空会社のホテルだった、ところでびっくりした。

 このホテルは、現役時代、毎月宿泊したホテルだ。

 仕事そっちのけで、このホテルで仕事前に近くにある、朝3時からやっているゴルフ場に行ったり、冬には歩くスキーでホテルの上にある、公園を歩き廻る。

 ホテルのすぐそばを流れる川で釣りもしたな。

 自転車を借りてホテルから、支笏湖までも行ったことがある。

 夜には、なじみの美味しい料理が出る、居酒屋さんで楽しむ。

 俺の青春時代の思い出のホテル。

 不景気で、潰れかけた親会社のN航空会社が、売りに出したホテル。

 現在は別会社で、何とかやっていますと、ホテルの人は言っていた。

 時代の流れか、

 それにしても、このホテルを予期せず、再度訪問できた俺。 感謝、感謝であった。

 これが本当のミステリーであった。

ミステリーツアー その1

f:id:tojnnejp:20211217102703j:plain

小樽運河

ミステリーツアー その1

ミステリーツアー その1

 行き先は当日まで、秘密と言う、ちょっと不思議なミステリーツアーに参加した、

 ワクワク、ドキドキの旅という、宣伝に乗っかってしまう。

 旅行会社の人が、寝ないで考えた宣伝文句。

 幻想的なイリミネーションスポット。

 ノスタルジックな街、

 どんな、ところだろう。

 東北か北海道か。

 勝手にお客様が想像を起こさせるような、宣伝文句。

 東北、北海道への旅と言って売り出すより効果がある、不椎なツアー。

 いつものツアーよりも、高めな料金。

 ホテル出発が毎回、9時30分。

 60歳以上の参加、

 これがいい。

 若者が好むツアーはいつもホテルの出発が早い。

 朝飯を6時に食べても、大急ぎで出発の用意をしなければいけないツアーはこりごりだ、

 そして、幕物館などの名所や、お土産屋さんでの時間は短い方がいい。

 ほしくもない土産屋で、1時間もいたくない。

 見学する、名所も長い時間は嫌だ。

 すぐに見飽きてしまう。

 今度のツアーには、それがなかった。

 最初に我が家に郵送で来た、ツアーの案内には、やたらと、とある空港とか、とあるホテルとか、とある場所とか、書いてありハッキリとした名前がなかった。

 これもいいな。

 旅行の出発まで勝手に想像して楽しむことが出来た。

 さてさて、当日空港に行くと、とある目的地の空港が判明した。

 とある空港は、新千歳空港、とあるノスタリジックな街は小樽、

 なんだ、小樽か。

 現役のころ,北海道勤務が多かったし、息子家族が北海道勤務だったので、我々夫婦は、小樽には、何度も行ったことがある。

 まあいいか。

 ランプが創る幻想的な空間の宣伝文句は小樽運河に灯る、ライトなのだ。

 旅行会社が、小樽旅行でツアーを売り出したら、我が夫婦は参加しなかったであろう。

 でも、このコロナで大変な中で、旅行に行こうと思ったのは、旅行会社の宣伝文句に引かれたからである。

 小樽運河の周りの倉庫は改良して、中には沢山のお店があったな。

 孫たちがまだ幼少のころ、俺たちと一緒に旅行して、喜んでくれたことを、思い出す。

 今回のツアーでは、夕暮れの小樽運河の周りの幻想的なランプを見学できた、

 美しい、 ツアーに参加してよかった。

笑いでストレス解消

f:id:tojnnejp:20211210101920j:plain

二宮 吾妻公園の菜の花

笑いでストレス減少

 いつも笑う習慣をしている。

 それは笑うとNK細胞が働き癌細胞を食べてくれるという学説があるからだ。

 昨日の新聞に、笑うことによってストレスが減少するということが、実証されたと掲載されていた。

 キリンホールデイングスは、笑いが脳の認知機能を改善させストレスを抑える研究結果をまとめている。

 研究には吉本興業と、浜松市が参加して近畿大学医学部の心療内科部門が監修した、

 浜松市の40歳から65歳の男女25人に漫才と、漫才の動画を見せて、漫才を見る前と、漫才を見た後の計算の速さや記憶力などを比べる。

 すると、漫才を見た後の方が、課題を行う際の集中力が向上する。

 結果,回答が速くなる。

 脳の活性化につながる、前頭葉の血液量が約2.7倍増えた。

 リラックスした時に働く副交感神経の活動が上昇して、ストレスが溜まる、細胞の働きを抑える。

 従って、ストレスは無くなる、

 昔から笑いやユーモアーは脳や心に良い影響があると考えられてきたが、今回の研究が民間会社と一般市民と大学で協力して検証されたのは日本で初めてだという。

 しかし、実際にはすでに日本にも笑い学会という、組織があり、すでに研究済みだと思う。

 笑い学会で研究していた、松本先生の本には、すべて病気はストレスによるものだと記載されている。

 (笑いと健康、本の泉社、松本光正)

 先生によると、水虫や歯が痛くなるのもストレスだという。

 本当かな、笑って水虫を直そうと、試みたが水虫は今だに、治らない。」

 少し、かゆみは治まったかな。

 実際に漫才を聞いて笑ったり、笑いの運動をしたら、癌患者の人が、治ったり、癌が軽くなったという、報告がある。

 笑うと気持ちも体も元気になりますと、松本先生は、はげ頭をなでながら、講演してくれた。

 ダジャレをいつも思い出す。

 CAN I HEIP YOU

 何かお助けすることありますか。

 外国人には、日本人の発音が分かりにくい。

 家内屁をブーー

 というと、すぐに通じる。

 時間を外人に尋ねる時は。

 掘った芋いじるな

 外国旅行での検問では、

 斎藤商店、(見学)と言えばよい。

 とにかく毎日無理でも笑う習慣を身に付けましょう。

 家内が隣で屁を、ブーとした。

 臭い。